失敗しないための!火災保険の種類と選び方のポイント

火災保険の種類と特徴とは

火災保険は、生命保険ほど複雑な種類があるわけでななく、大きくわけて住居用と店舗用の2つに分類されます。住居用は、住宅火災保険・住宅総合保険。団地保険があり、店舗用には、普通火災保険・店舗総合保険があります。この保険を基本的な商品として、残りの部分は各損害保険会社が独自に保障内容などをプラスして商品として販売しています。近年では基本型だけでの販売はほとんどなく、一般の戸建住宅用であれば、火災のみではなく、風災や水災なども対応している商品もありますし、地震に対する商品は地震保険があります。各損害保険会社が建物や家財に対しての保障をプラスする事で商品としての差が出てくる事になります。

火災保険の保障内容や特徴とは

火災保険の保障内容は商品によっても大きく異なるので契約時には、確認をすることが大切になります。一般的には住宅用として、火災保険と地震保険の2つが大分類として考えられます。簡単に言えば火災保険は火災に対しての保障で地震保険は地震に対しての保障になります。現在の火災保険の多くは損害保険会社ごとに独特の付加価値をつけての商品を販売していて、風災や水災を付け加えた保障を基本ベースにしています。オプションとして、破損や水濡れなどをはじめ、鍵や水まわりのトラブルなどの対応保障などの商品もあります。地震保険は地震被害に対する保障になります。つまり地震保険に加入していないと、地震が原因で家に何か起きても保障されないという事になりますので注意が必要です。火災保険や地震保険は一般的に建物と家財と別々に商品を契約する事になります。

火災保険の選び方のポイントとは

火災保険にしても、地震保険にしても毎月の保険料は建物の評価額によって変わりますので、大きな家に住んでいれば高くなるのは当然です。保険の選び方のポイントとは、保障内容をどれだけ上手く充実させるかという事になります。最も大事な事は、考えらえる災害に対しての保障内容になるので、地震における火災の場合は一部を除いて火災保険では対応していないので、地震保険は現状で考えれば必要になりますし、風災や水災に関しては火災保険に含まれている事も多いので、建物に対する保険と家財に対する保険のかけ方が重要になります。特に家財の場合には雪などでカーポートなどが壊れてしまう事がありますが、このような時に対応になります。残りのオプションは各損害保険会社によっても違いがありますので、自分にあった商品を選択する事がポイントになりますが、長い付き合いになる事が予想される火災保険なだけに、できるだけ信頼のできる代理店や担当者と契約を結ぶことが最も大事なポイントになります。

火災保険とは自分が所持する建造物が火災によって損壊した場合、保証をうけることができる保険の一種です。

You may also like...