遺産相続で発生する相続税についてを相談?!弁護士事務所の選び方3選!

実務経験が豊富か?!

相続税の申請書の作成を日々行っているかどうかを確かめましょう。相続税法や国税庁の取り扱いは、日々変化しています。平均的に、月5件から6件程度の申請書を制作している弁護士に依頼すると良いでしょう。また、その申請書を、事務所全体で共有しているところが良いです。事務所内の数人のみが申請書の作成を行い、新しい情報を持っている場合がありますが、全員が申請書についてを深く知っている事務所を選んだ方が良いでしょう。

歴史ある事務所かどうか?!

相続税についての相談をする場合、歴史ある弁護士事務所を選んだ方が良いです。なぜなら、事務所が継続しているという事は、利用者からの信頼が厚いからだといえます。図さんな管理などもないと言えるでしょう。事務所が利用後も、継続していなければ、アフターサービスなどを行ってもらえなくなってしまいます。一生、自分の財産を安心して持ち続けるためにも、これまでの歴史が長く、これからも無くなってしまわないような事務所を選びましょう。

弁護士が不動産についての知識が豊富か?!

相続されるものの60%は不動産だといえます。不動産の購入時も売却時も、所有時も相続する時も税金はかかってしまいます。不動産に詳しい弁護士は、相続税についても高い知識を持っていると言っても過言ではないのです。相続税を支払ったり、相続税の手続きを行ってもらい、安心して不動産を、所有していくためにも、不動産に詳しい弁護士が在籍している事務所を選ぶと良いでしょう。相続後の不動産所有時の税金についても対応してもらうと良いです。

相続税の税理士に依頼する際のメリットとしては、相続税が節税できて税務調査を回避しやすくなります。また手続きが迅速で安心です。

You may also like...