現物取引にはない信用取引における3つの魅力

自分の資金の3倍までの取引が可能

株式トレードを現物取引で行う場合は、例えば、自分の資金が300万円であれば、最大で300万円分の株式を購入することができるということになります。しかし、信用取引であれば、自己資金の3倍までの範囲であれば、株式を購入することができるということになります。ですから、この場合、900万分の株式を購入することができるということになります。もし、株価が10パーセント上昇した場合、信用取引で自己資金以上の株式を購入していれば、利益もその分多くなるということが言えるでしょう。

株価が下落局面でも売って利益を出せる

信用取引では、先に株を売却してあとで買い戻すという空売りをすることができます。ですから、株価が高いときに売って、安くなったら買い戻すことで、差額分を利益として出すことができるということになります。この空売りを行うことができることによって、株価が上昇局面でも下落局面でも利益を出していくことができるので、トレードの幅が圧倒的に広がるということが言えるでしょう。ただし、空売りの場合、買い戻す期限が定められていたり、品貸料などの費用が発生したりするので注意が必要になってきます。

同じ保証金で1日に何度も取引できる

信用取引では、新規に買ったり売ったりした株をその日の内に決済すると、担保として入金していた保証金が開放されるので、再び豊富な資金で株の売買ができます。特に1日に何度もトレードを繰り返すデイトレーダーであれば、信用取引を利用して取引した方が、現物取引よりも効率よく利益を重ねていくことができると言えるでしょう。手数料についても、信用取引での売買の方が安いので、繰り返しのトレードになる場合は、信用取引の方が有利になります。

信用取引を行う為には幾つかの条件が必要となります。取引名称に信用とある様に証券会社側の信用を得ていなければならず、取引実績や担保額などから総合的に判断がされます。

You may also like...