クレジットカードを作りたいならデビットカードがおすすめ

クレジットカードに似ているけど違うデビットカード

海外での買物が普通に出来る今、円だけのお金では海外の商品を購入出来ません。そんな時に便利なのがクレジットカードですが、審査が必要など万人が持てるというシロモノではありませんでした。ところが最近では審査不要で学生でも持つことが出来るデビットカードが登場しています。勿論カードを発行している銀行や会社によっては審査が必要な場合もありますが、クレジットカードと同じように使用できます。ではどんなところが違うのでしょうか。

引き落とすタイミングの違い!

通常のクレジットカードならば、使用したその時では無く後日の引き落としになります。一方デビットカードは使用したその時に瞬時に引き落とされます。そのためいつ、いくら使用したかを判断しやすくお金と同じ感覚で使うことが出来ます。それでいてクレジットカードと同じブランドを使用することが出来るので便利です。ただし、クレジットカードのように残高が無い場合でも使用できるのとは違いデビットカードでは不可能なので気をつけなければなりません。

デビットカードの強み

デビットカードは残高の範囲内でのみ使用できるものです。海外でクレジットカードを使用して買物をした時には特に注意が必要で実際に悪用されたというケースもあります。しかしデビットカードならば悪用されたとしても必要以上の金額を入れておかなければ不正利用されても被害を最小限に抑えることにも繋がるという強みがあります。学生でも持てるので若いうちからカードを使用することの大切さや、金銭管理を覚えさせるという勉強の意味合いを込めて持たせるというのも一つの考え方では無いでしょうか。

決済代行は代わりに決済をしてくれることですが、中小の企業では扱えないクレジットカードやコンビニ、携帯など決済システム使用出来て、消費者の購入アクションに繋がり売り上げが上がります。

You may also like...