クレジットカードの審査について詳しく知ろう

信用情報登録機関に過去のクレジット履歴を確認します

クレジットカードを申し込むと金融会社は信用情報登録機関に過去のクレジットカードやカードローンの支払い履歴を確認します。その中で遅延や延滞などの情報がある場合には、お金に困っていると判断します。そうなると金融会社は貸付したら不良債権となると判断して融資を拒否される場合もあります。遅延や延滞などの情報がない場合でも、連続で申し込みをした場合でもお金に困っていると判断します。そのような場合には信用情報登録機関からこれらの情報が削除されるまで待つ必要がありますよ。

在籍確認を行う場合もあります

職場への在籍確認を金融会社が行う場合もあります。金融会社としては決められ日に決められた額を支払えるかどうかが1番大切な事です。職場への在籍確認を行う事できちんとした収入があるかどうかを確認します。電話がかかってきた際に本人が出れば1番良いですが、不在でも外出している事がわかれば良いとされています。万が一在籍確認が取れない場合には収入がないばかりでなく申請書に嘘を記載する信用おけない人と判断しますよ。

自宅の電話も確認します

自宅の固定電話や携帯電話の確認を行う場合もあります。支払いが遅れたりした場合、金融会社は利用者に支払いを促すために電話連絡を行う場合があります。実家に住んでいる場合には万が一支払いが遅れたりした場合でも両親が支払いをしてもらえる場合があるので、評価が高くなりたす。万が一連絡先の確認が取れない場合には、支払いが遅れた場合に電話連絡ができないと判断され、金融会社は融資が拒否する可能性が高くなりますよ。

クレジットカードの審査は、三年以上同じところに勤めていてローンなどの支払い遅れが無い場合は、フリーターでも通りますが、30歳までクレジットカードを作ったことが無い場合、支払い実績がなく難しくなります。

You may also like...