エクセルで出来る事を知って上手く活用する

エクセルで文書作成する

文書作成は設計や仕様書等が、作る事が出来ます。ワードも文書作成には同じMicrosoftが提供していて利用されますが、エクセルを利用する時は、図表や画像を多く作成する事で多いです。シート名が添付がエクセルの各ワークシートで出来ますので、ワークシートを項目別に分けて作成する事が出来ます。文章が整理されて読みやすく、作成する事が可能です。仕事で使用する事が多いので、見やすい書類が作れて事務仕事には役立ちます。

エクセルの代表の表計算

エクセルには関数と言われる機能があり、これによって自動的に数値の合計や平均値や最大値や最小値が計算出来ます。簡単に表の罫線やセルの配色等も変更等が出来て、見栄えにこだわって作れます。作成した表のデータの中から条件に合うデータのみを抽出する事が、オートフィルタという機能を使うと可能です。グラフも作れて、表を元に棒グラフ円グラフ折れ線グラフ等様々な種類のグラフも作成出来ます。デザインやレイアウトも、複数の中からカスタマイズして選択します。

マイクロ機能を使ってみる

エクセルで便利な機能の1つとして、マイクロ機能があります。マイクロ機能は、自動化をエクセル上での操作を記録してくれる機能です。同じ操作がその後はマイクロを実行させるだけで、マイクロに繰り返し行う操作を記録する事で完了出来ます。マイクロを毎回特定の数値を昇順等で並び変える機能が、実行するだけで可能です。ボタンとして記録後のマイクロは登録して、ワークシート上に設置する事が出来るようになり、1クリックだけで押せるようになります。

MOS講座で学べる内容は、パソコン操作に関すること全般ですが、とりわけ事務処理の技能にこだわることがおすすめです。

You may also like...