就業規則を作成するなら社会保険労務士に相談しましょう!

社会保険労務士ってどんなことを依頼できるの?

社会保険労務士とは国家資格で、企業の人事労務管理を行なうプロフェッショナルといえます。主に労働保険や社会保険の手続き、労使間のトラブルの解決などを企業や個人から依頼を受けて手続きや交渉を行ない、働きやすい円滑な労使関係および職場環境を醸成していくお手伝いをすることで、企業の発展に寄与する仕事になります。基本的には企業と顧問契約を結び、月々の顧問料をもらいながら、各種手続きの代行および労務相談を受けます。

就業規則って絶対に作成しないといけないの?

就業規則とは一言で言うと会社のルールブックです。労働基準法における就業規則の作成義務要件は、その事業場にいる正社員・パートアルバイト・契約社員などを含めて、常時10名以上の従業員がいる場合に就業規則の作成義務が発生します。そして10名以上いる事業場で就業規則を作成した際は、事業場の住所地を管轄している労働基準監督署に届出をしなければなりません。また労働基準法では事業場に対して、作成した就業規則を従業員に周知する義務も課しています。

社会保険労務士に就業規則作成を依頼するメリットは?

就業規則を作成する時に社会保険労務士に依頼するメリットとしては、社会保険労務士という仕事の専門性が挙げられます。労働基準法や育児介護休業法、高年齢者雇用安定法などの各種法律の内容はもちろんのこと、就業規則の内容が万一トラブルになった際に、民事の裁判などで妥当性を確保できる内容なのか素人では判断ができません。社会保険労務士は就業規則の各規程ごとに法律を遵守しながらクライアントにとって適切な就業規則の内容を提案してくれます。

社会保険労務士の就業規則の作成を依頼することで、多くの企業の担当者にとって、労働関係の法律をしっかりと守ることができます。

You may also like...